乙女ゲームVitaに進出

  • 投稿日:
  • by

格闘ゲームも好きな反面、実は乙女ゲームと呼ばれるジャンルも大好きです。
元々声優さんが好きな為、乙女ゲームと言うジャンルですと、
大好きな声優さんの美声と素晴らしい演技を心ゆくまで堪能出来るので、
声優さん好きの私には堪りません!

そんな乙女ゲームですが、最近は凄いんですよね?
今年発売のタイトルなんかは続々Vitaで発売されているのです。

乙女ゲームをVitaでプレイする必要ってあるの?
初めはそんな風に考えておりましたが、皆さんのレビューを読んで納得。
スチルを集めて行くのが楽しみの1つのゲーム、
そのスチルがVitaだとものすごい綺麗なんだとか。

残念ながら、私はまだVitaデビュー出来ておりませんので、
どの程度綺麗で、どれくらい感動したのかお伝えする事は出来ませんが、
早くその美麗なスチルを拝見しつつ、声優さんの素敵な演技に耳を傾けたいです。

一番ご贔屓の声優さんの新作がVitaで登場した暁には、
私も迷う事なく、Vitaデビューを果たして、
今後の乙女ゲームライフを満喫したいと考えております。

あと、このエロゲームのサイトが面白いですね。

無料エロゲーム・エロフラッシュ| エロフラ大全

親子でぷよぷよクエスト!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今、ハマっているゲームは、スマホのぷよクエです。はじめは子供がやっていたのですが、いつのまにか親子で・・・いや、親の方がハマってしまっています。

ぷよぷよやっていたのが、高校生くらいのときなので、キャラクターがすごく懐かしいです。メインで使っているのはアミティですが、子供がどうしてもアルルが欲しいというので、魔導石を集めて、先日やっとの思いでガチャでGETしました。

もうプレイしはじめて1年くらいになりますが、飽きずに毎日ちょこちょこプレイしています。普通のぷよぷよとはルールが違い、なぞって消していくのですが、慣れてくるとこっちのルールのほうが簡単ですね。

あんまり課金はしていませんが、十分に楽しめます。魔導石のプレゼントも多いので、セガって太っ腹だな~って思います。

個人で楽しむこともできるし、ギルドに入って、仲間とわいわいプレイできるのも楽しいです。ギルドでしか参加できないイベントもあるので、ギルドには早いうちから入っておいた方がお得です。

今週もギルドのイベントがあります。がんばって報酬をたくさんGETしたいです。

任天堂のバレーボール&アイスホッケー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

最近の任天堂のスポーツ系のゲームは
何かにつけてマリオが主人公だったりするのであまりパッとしないけれど、
ファミコン・ディスクシステムの時代は少々趣が違っていました。

本当に、単純にスポーツを楽しむことができたのです。
特に私が大好きだったのはバレーボールとアイスホッケー。

バーチャルコンソールで今もプレイすることができますが、
バレーに関して言えば今はなきソ連という超大国が大きな壁となって日本チームの前に立ちはだかっていました。

私が下手だっただけかも知れませんが、友達も日本弱すぎ!と言ってたのをよく覚えています。
アイスホッケーはスピード感が心地よかったです。

ルールを知らなくてもサッカー同様にパスをしつつ相手のゴールにシュートすれば点数が入るので、
テキトーな気持ちでプレイしつつ、少しずつルールを覚えていきました。

我が家には運良くディスクシステムがあったので、
いつでもこれらのゲームをプレイすることができましたが、
ディスクシステムを持っていない友達が多く
その結果友達が家に大勢遊びに来てはバレーやアイスホッケーで真剣勝負をするようになっていました。

でも今になって考えてみると、
スポーツ系のゲームはみんなが遊べるようにファミコンのカセットとして売るべきでしたね。

ディスクシステムは今で例えるとPS4くらい購入のハードルが高かったので、
もしカセットで売っていたらものすごく売れたのではないかなと思いました。

ちなみに大人になってからハマったゲームはコレです。

バンゲリングベイをクリアした人はいるのでしょうか?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

バンゲリングベイというゲームがありました。
1985年にハドソンから発売されたファミコン用のゲームです。

現代戦に近いシューティングゲームで、自機である攻撃ヘリを操って
ジェット戦闘機を攻撃したり工場を爆撃するという当時としては大変斬新なゲームだったと思います。

特に海上を移動する自軍の空母に着艦したり飛び立ったりするというシステムには
子供心に何処かグッとくるものがありました。

ギャラガやゼビウスのようなシューティングも良いのですが、
現実世界を模しているところにバンゲリングベイの良さがあったと思います。

イーアルカンフーでも弱かった草食系小学生

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

1985年、コナミのイーアルカンフーが流行っていました。プレイヤー同士が戦う対戦格闘形式ではありませんでしたが、コンピュータ相手とはいえファミコンとしては画期的な格闘ゲームだったと記憶しています。操作性はプレステの初代の鉄拳のような感じです。ボタンを押してもパンチやキックをしなかったことは多々ありました。相手にキックが当たっているようで当たっていないこともありましたし、コンピュータがどのように判定しているのか分からず、これは完全に負けたと思っていても何故か勝っていたことも多々あったのです。ようするに運の要素が強かった。

それでもこの当時はジャッキー・チェン主演の香港映画やアニメ北斗の拳といった格闘系作品が大人気だったこともあり、子供達は不可解な判定に呆れることなく熱心にこのゲームをプレイしていました。ちなみに草食系の私はすぐに飽きてしまいました。友達が余裕で倒す敵キャラでさへ私には倒せませんでした。はっきり言って弱かったです。残念ながらこの手のゲームには向いていないらしく、友達がカセットを貸して欲しいと言ってきたのでずっと貸したままにしていました。

30年近く前のゲームなのに今でもオープニングなどのいかにも中華っぽい音楽やゲーム中の「アターッ(アチョッー)」という声が聞こえてきそうです。直ぐに飽きたとはいえ、それなりに遊んだので懐かしいです。そんな私も今はエロゲーにハマってたりします。

プレステ版ドラクエ7の思い出

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ゲーム屋さんに行ったとき「ドラゴンクエスト7 エデンの戦士たち」に目がとまりました。3DS版のリメイク作品です。確かプレステ版を発売日に買ってプレイしましたが、もの凄く難しかった記憶があります。

石版システムに四苦八苦し、ちょっとした謎解きも実際はちょっとどころの難しさではなかったと思います。攻略本を読めば簡単かも知れませんけれど当時は発売日にゲームを買ってどんどん自分で考えて話を進めていったので、攻略本を読むことなくそして友達に聞くことなくクリアしました。とても面白く、歴代ドラクエの中では最高難度ではないかと今でも思っています。

脱出不可能!

  • 投稿日:
  • by

何故かは全くもってわからないのですが、脱出ゲームが異常に苦手です。
まず謎を解く前にある程度のアイテムを集めるのが定石なのでしょうけど
、私の場合それすら見付けられないから謎解きのステージにすら立たせてもらえません。

だから、脱出ゲームはイコールアイテム探しゲームにしか捉えることが出来ていなかったり。
誰でもカンタン!なんて銘打っていても、9割方は脱出に失敗します。